エステの光脱毛について

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

最近のエステ脱毛で主流の光脱毛についてまとめます。

光脱毛はレーザー脱毛と似ていますが、白色ランプから出るさまざまな波長の光をフィルターにかけます。更に、ムダ毛に有効な波長の光を取り出し、毛を照射する仕組みです。

レーザー脱毛と同じく、毛は剃った状態で施術しますので、前日までに脱毛部位を剃っておく必要があります(剃毛に関しては施術を受けるエステサロンの指示に従って下さい)。

光脱毛の種類としては、主に、IPL脱毛・プラズマ脱毛・フラッシュ脱毛がありますが、私が今まで施術を受けたのはフラッシュ脱毛のみで、他のものとの効果の差はわかりません。(そこまで光脱毛の種類を詳しく把握してから施術を受ける方も少ないとは思いますが。)

レーザーに比べ、出力が弱く、医師免許等がいらないので、多くのエステサロンで使用されます。出力は弱いものの、もちろん効果はあります。ただし、光はメラニン色素(黒色)に反応しますので、色素の薄い産毛には反応しにくいようです。そのため、もともと産

毛程度に薄い部分や、産毛まですっきり脱毛したいという場合には効果が出ないこともあります。そのため、光やレーザーで脱毛した後、残った産毛を針脱毛で丁寧に1本1本処理するという方法もあるそうです。

出力が少ないため、レーザー脱毛と比べると、効果が期待できるまで時間を要しますが、反面、出力が少ないため痛みも少なく、また部位によっては全く痛くないそうです。私はワキとビキニラインの比較的、肌が柔らかい部分しか経験はありませんが、これらの部位でもほとんど痛みは感じませんでした。最近は光脱毛を行うエステサロンも多くなり、他の脱毛方法と比べても、安い料金で施術出来ることも魅力の一つだと思われます。

タグ: , , , ,