医療脱毛(レーザー脱毛)について

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

レーザー脱毛は、いわゆる医療脱毛を指します。
レーザーを毛根部にあてることにより、毛乳頭を破壊し、毛の再生を止めるものです。

この効果を出す医療用レーザーを用いる脱毛は、医療行為にあたりますので、病院やクリニックでの脱毛に使用されています。
1回あたりの照射範囲が広く、一度に数本の毛(毛根部)の処理が出来るため、針脱毛(ニードル脱毛)に比べると処理時間が短く、痛みを感じる時間も短いのです。そして費用も、針脱毛に比べると非常に安いのが特徴です。

レーザー脱毛による痛みは、「ゴムではじく程度」と言われています。私自身は医療脱毛の経験はありませんのでうまく説明は出来ませんが、照射する部位によって異なりますし(柔らかい部位ではより痛みを感じやすいようです)、人によって痛みの感じ方も違ってくるそうです。


針脱毛は感染の恐れがありますが、これについてもレーザー脱毛では心配はありません。ただ、適応や出力を誤ると、やけどや色素沈着などのトラブルが起こることもあるそうです。
このようなこともあり、レーザー脱毛は医療機関で行われ、またこれの施術にあたる医師等も専門的な研修を受けていることが原則となっていますので、大きなトラブルはあまり多くは聞かれていないようです。

また、レーザーの光はメラニン色素(黒っぽい色)に反応するため、火傷等を防ぐためにも毛は剃った状態で施術を行います。剃毛に関しては施術を受ける医療機関もしくはエステサロン等の指示に従う必要があります。

エステで使用されている光脱毛は、医療用のレーザーに比べると、弱い出力のものが使われており、脱毛効果も低いということです。

タグ: , , ,